変形性膝関節症

改善だけでなく、再発予防まで見越した
変形性膝関節症専門施術
土日祝も営業|阪急西院駅から徒歩10分

【国家資格者が施術】西院FREE整骨院

膝の痛みを消すだけでなく、予防法まで分かります!

  • 膝が曲がらなくなってきた
  • 階段や段差がつらい
  • 正座ができない
  • 整骨院には今まで色々行ったけど、結局は再発してしまう
  • 筋力低下・老化だと言われた
  • 運動不足解消のためフィットネスクラブに通っているが、だんだん痛くなってきた
  • 湿布と痛み止めだけ出され何もしてくれない
  • ヒアルロン酸注射に通っている
  • 痛みが繰り返さない身体づくりがしたい
  • ある程度マシになると通院をやめていた
  • 治療費が高くて続けられない
  • 背骨矯正・骨盤矯正は苦手だ
  • 根本的な解決がしたい

はじめて整骨院で施術をお考えの方、そして、今まで色んな施術を受けてこられても再発してしまった方へ

答えは簡単です。
今までの施術だけでは、『足りなかった』だけです!

痛みや不調の改善に必要なことは、筋トレをすることでもなく、背骨をやみくもに矯正することでもなく、薬や注射という処置だけで終わらすことでもございません。
痛みや不調の本質を改善させることとは、身体をもう一度細分化し、日常生活を負担としないことです!

そもそもなぜ膝に痛みが出てしまったのか?

日本人のほとんどが悩まされている辛い痛み、各関節の症状。インターネットで調べてみたら、体操や腰痛体操、部分的なストレッチなど、いわゆる体操(筋肉トレーニング)や対症療法ばかり。こんなに

情報はあふれかえっているのに、一向に不調に悩む人が減っていかないのはなぜ!?

それは痛みの本質的な原因にアプローチできていないから。

当院では、

身体を二層に分けでほぐし、膝にかかった制限を取ります。

あなたに合った適切なストレッチを一緒に取り組みます。

気付けば習慣が変わっています!

という考えをもとに、あなた様の痛みや不調と向き合います。

原因関節軟骨の老化によることが多く、肥満や素因(遺伝子)も関与しています。 また骨折、靱帯や半月板損傷などの外傷、化膿関節炎などの感染の後遺症として発症することがあります。 加齢によるものでは、関節軟骨が年齢とともに弾力を失い、遣い過ぎによりすり減り、関節変形します。

と、ネットで調べると出てきますが!!

実際、膝の痛みの原因は、
膝周辺の筋肉の疲労の蓄積や、関節の動きに制限があることです。

膝痛の原因は加齢とともに起きる関節の変形や軟骨の摩耗と言われていますが、それはあくまでも整形外科的見解で、それだけでは不十分であり、もっとほかの考え方があることも確かです。

なぜなら、レントゲンを撮り、画像所見として実際に変形があった人でも、痛みが無くしかも正座もできる方が少なくないからです!

私も交通事故により何度も手術し膝の関節の軟骨は全くない状態ですが、痛みは全く無く、正座、飛び跳ねることだってできます。ということは、「変形の有る無しは痛みの判断材料の一つではあるが、原因のすべてではない」ということです。

ひどい膝の痛みは周辺の筋肉の疲労の蓄積やトリガーポイントの関連痛であることがほとんどであり、関節に問題があるほどの変形が起こっているわけではありません。放っておくと徐々に進行していき(進行していくと手術を選択せざるを得ない場合もございます)、正座はおろか膝の曲げにくさ、しゃがめないなどの症状も引き起こしていきます。(膝へのヒアルロン酸注射は症状を感じにくくしているだけで、実際の症状は進行しています

膝周辺の筋肉の疲労の蓄積や、トリガーポイントを形成してしまうと、その周辺の関節に関連する筋は筋力低下や収縮不全を起こし、随意的に動きにくくなってしまいます。それを無理に動かそうとしたり、体操やトレーニングで作った筋力に頼った動きの習慣がやがてピークを超えると症状が出てきます(急性の膝痛)。また、偏った膝の動かし方で痛みをかばっているとO脚やX脚になっていったり、踏ん張りがきかなくなってくると姿勢が崩れてくるため、腰痛が起こったり、猫背になったり、症状は進行していってしまいます。

また、トリガーポイントは筋節が縮み合い塊になっていくことで血管や神経を圧迫し、それより遠位の感覚を過敏にしたり、時には鈍感にしたりします(神経痛)。もちろん血流が悪くなるために冷え性や手指のこわばり、肌荒れの原因になることもあります。

こういった症状は、時間の経過や痛み止めなどの処置で一時的によくなりますが、上記のような深部の状態は回復しにくいため、何度も再発してしまうのです。

カラダの細分化ってなぁに?

私たちの身体は、
大きく分けて【3層構造】になっています。

一番外側が「アウターマッスル」

その奥側が「インナーマッスル」

さらに深層が、「内臓がある部分」です。

身体が固くなることはすなわち、

①筋肉や関節が固くなることと

②身体の各”層”が、それぞれに動けなくなる状態になることも含みます。

ですので、単に筋肉を緩めるだけでは、各層それぞれの動きを取り戻すことは難しいです。

そこで行うのが『カラダの細分化』です。

トレーニングや筋トレなどで身体を固めるいわゆる【剛構造】ではなく、

身体全体が負担なくスムーズに連動して動く
【柔構造】が、痛みや不調を芯から良くする唯一の方法なのです。

身体の各関節・そして各層がそれぞれに動き合うように元に戻すこと。
それがカラダの細分化です。


・当院は予約優先制となっております。お電話にてお問い合わせください。

・お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。

・ご予約なしでも受付いたしますが少しお待ちいただくこともございますのでご了承ください。

TEL:075-874-5595

お問い合わせお待ちしております!