ばね指

専門施術で改善だけでなく、再発予防まで!
ばね指を
手術なしで早期に改善
予防も地域ナンバー1

整形外科救急病院での経験が豊富》

【国家資格者が施術】西院FREE整骨院

私たちは、ばね指を治し、再発しにくくする専門家です!

是非当院でご相談くださいませ!!

つらいばね指の痛み・親指の痛みでお困りの方

  • 指を曲げるとき痛む
  • 物を持つと激しく痛む
  • キャップやフタを開けられない
  • 指を曲げると「カクン」と引っかかる
  • 朝起きると手がこわばって開きづらい
  • 湿布と痛み止めだけ出され何もしてくれない
  • 手術を考えている
  • ある程度マシになると通院をやめていた
  • 治療費が高くて続けられない
  • 背骨矯正・骨盤矯正は苦手だ
  • 根本的な解決がしたい

ばね指・親指の痛みは、物を持ったり引っ張ったりする簡単な動作でも激しく痛み、日常生活にとても支障をきたします。

整形外科に行けば、レントゲン上問題なければ親指の痛む箇所に直接注射をするという処置か、もしくは手術をして親指のすじを開き動きやすくするという方法を勧められます。(腱鞘を開く

もちろん、注射は痛み止めですので根本的な改善は起こりませんし、手術をすると二次的な問題が起こってしまう場合があります。

ではどうすればいいのでしょうか??

ばね指・親指の痛みの原因は?

この症状は、加齢や実年齢で起こるものではありませんし、体質や生まれつき起こることでもありません。

原因は、親指を動かしている筋肉の腱が炎症を起こし、その炎症が放置され続けた結果、身体の防御機構により「炎症部位を強く・太くする」という作用により、筋肉や腱がスムーズに動けなくなった結果、痛みが出たり引っ掛かりが起きてしまうことです。

症状がまだそんなに強くなくても、放置しておくと確実に進行していきますし、朝起きた時の手のこわばりなども症状を引き起こす前段階の可能性が高いです。なのですぐに適切な治療を受けることをおススメします!

根本的に治す方法は、親指を動かしている筋肉や腱がスムーズに動くように、『本来の柔軟性や弾力性を戻し、以前と同じように少しずつ動かしていく』ことが唯一の方法です。

場合によっては放置しても(注射でも)痛みが治まることがありますが、炎症が止まっただけで腱の動きは悪いままであることがほとんどです。

すでに手や指のこわばりや、痛みが少しでもある方は一刻も早く当院で施術を受けていただくことをおススメします!

ばね指・親指の痛みを消すだけでなく、予防法もハッキリとわかります!

はじめて整骨院で施術をお考えの方、そして、今まで色んな施術を受けてこられても再発してしまった方へ

答えは簡単です。
今までの施術だけでは、『足りなかった』だけです!

痛みや不調の改善に必要なことは、筋トレをすることでもなく、背骨をやみくもに矯正することでもなく、薬や注射という処置だけで終わらすことでもございません。
痛みや不調の本質を改善させることとは、身体をもう一度細分化し、日常生活を負担としないことです!

カラダの細分化ってなぁに?

私たちの身体は、
大きく分けて【3層構造】になっています。

一番外側が「アウターマッスル」

その奥側が「インナーマッスル」

さらに深層が、「内臓がある部分」です。

身体が固くなることはすなわち、

①筋肉や関節が固くなることと

②身体の各”層”が、それぞれに動けなくなる状態になることも含みます。

ですので、単に筋肉を緩めるだけでは、各層それぞれの動きを取り戻すことは難しいです。

そこで行うのが『カラダの細分化』です。

トレーニングや筋トレなどで身体を固めるいわゆる【剛構造】ではなく、

身体全体が負担なくスムーズに連動して動く
【柔構造】が、痛みや不調を芯から良くする唯一の方法なのです。

身体の各関節・そして各層がそれぞれに動き合うように元に戻すこと。
それがカラダの細分化です。


・当院は予約優先制となっております。お電話にてお問い合わせください。

・お車でお越しの際は近隣のコインパーキングをご利用ください。

・ご予約なしでも受付いたしますが少しお待ちいただくこともございますのでご了承ください。

TEL:075-874-5595

お問い合わせお待ちしております!